本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 日本キリスト教史 > ザビエル来日

ザビエル来日


1549年8月15日


1549年8月15日、ザビエル一行は鹿児島県の稲荷川河口の港に到着しました。鹿児島(薩摩)はヤジローの故郷であったので、まずはヤジローの親類縁者がキリスト教について聞くこととなり、受洗者を生み出すようになりました。

その後1ヵ月半経ってようやく薩摩の領主、島津貴久を訪れて会見することができ、薩摩での居住と布教を許されました。島津氏はポルトガル商船が領内の港に来ることを期待して、ミヤコ(天皇のいる京都)に行こうとするザビエルを留めたので、ザビエルの薩摩滞留は約1年にも及びました。

しかし、早くミヤコに行き天皇に謁見して日本での布教の許可を得たいと考えていたザビエルは1550年9月、ヤジローを薩摩に残して平戸へと船出しました。そして平戸でも100人ほどの者をキリスト教に導き、10月には今度はトルレス神父をそこに残して、フェルナンデス修道士と共に京都へと向いました。


ミヤコでの困難、宣教方針の転換


瀬戸内海を渡ってミヤコに到着したザビエルは、荒廃した様子に呆然としました。度重なる戦乱と兵火のせいで、京都の半分以上が焼け野原となっていたのです。天皇に会おうとしても、相当な贈り物を持っていなければ取り次いでもらえず(瀬戸内海に跋扈する海賊の危難を避けるため、日本国王に捧げる贈り物は平戸に置いてきていた)、その天皇さえも力を失って逃れているという状態でした。

ザビエルは日本有数の大学があると聞いた比叡山を目指しましたが、ここでも門前払い。比叡山にあるのは、彼が考えるようなアカデミックな大学ではなく、寺院でした。真冬のミヤコと近江を裸足で行き来したザビエルは疲労困憊の上に絶望が加わり、堺から船に乗ろうとして倒れ、とある商人の家に滞在して看病を受けました。


山口のザビエル

再び瀬戸内海を渡ったザビエルは、往路ひと月ほど滞在した山口の街を再訪しました。山口の領主大内義隆は、外国の優れた文化を受け入れることに積極的で、山口の街はミヤコよりも京風の雰囲気にあふれ、治安も安定していたので、ここで宣教活動をすることに計画変更したのです。大内氏から布教の許可を与えられたザビエルは、毎日街の大通りに出向いて路上伝道を試みました。

そこでザビエルが発見したのは、死後の世界と救済に関心を抱く日本人の姿でした。財物よりも名誉を重んじること、善良で悪意のない国民性など、ザビエルは日本人について大変好意的な印象を持ちました。
特に山口での宣教の日々を、「私の人生の中で、この救霊のために話を聞こうとする日本人にのべ伝えた毎日ほど、充実した日々はなかったと、本当に言うことができます」と手紙の中で書き記しています。


ザビエルの死

来日から2年あまりが経過した1551年11月、ザビエルは一旦インドに戻ることを決意しました。中国宣教の足がかりを整えるためです。

日本における改宗事業を進めるためには、精神文化をはじめとしたあらゆる面で日本に影響を与え続けてきた中国を無視することはできないと、ザビエルは強く感じていました。キリスト教が中国でも受け入れられれば、中国から伝来した仏教諸派は、キリスト教に耳を傾けざるを得なくなるとザビエルは予想し、行動に移したのです。

しかしこの挑戦はザビエルの死をもって中止されました。鎖国している中国への密入国を果たそうと沿岸の小島に待機していたのですが、手引きをしてくれるはずの中国人は現れず、ザビエルは熱病にかかって命を失ったのです。彼が死を迎える最後の日々に綴った手紙の中には、日本への宣教師の派遣と支援をつづけてほしいと頼む内容が書かれています。




                                          NEXT >>