本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 日本キリスト教史 > イエズス会の東洋宣教

イエズス会の東洋宣教



宗教改革のうねりと余波


1517年11月、ドイツの大学で教鞭を取っていたマルティン・ルターは、僧籍売買や免罪符の発行を批判した95か条からなる質問状をローマ・カトリック教会に突きつけました。ルターの主張は一般の民衆に受け入れられたのみならず、ドイツ諸侯の支持を受け、北ヨーロッパ一円に広がり、過激な宗教改革者を生み、イギリスでは国教会を成立させるに至りました。

このような宗教改革運動の大きなうねりの中で、ローマ・カトリック教会は自己変革を強く迫られることとなりました。教会再興の試みは一般信徒において信心会(コンフラリア)という形で発展し、新しい修道会の発足を促しました。

1534年にパリでイグナチウス・デ・ロヨラらによって創設されたイエズス会は、そうした反宗教改革(カトリック教会では「真正の改革」という)の旗手と目されていましたが、実際には自己の内面に深く下りていってキリストに出会い、精神修養をすることによってキリストの伴侶(「イエズス会」とは「イエズスの輩」という意味)となって神の仕事をすることを目的としていました。

もともとはローマ教皇庁の勢力圏外に成立したイエズス会ではありましたが、1540年教皇パウロ3世によって聖職者修道会として認可され、教皇の指示を仰いで世界の果てまで赴き、神の栄光と人々の救霊のために働くことを使命とする団体となりました。


植民地政策とイエズス会


大航海時代を経て世界に版図を広げたポルトガル、スペインの両国は、異教徒である植民地の民の支配に困難を感じる一方、現地に滞在するヨーロッパ人の腐敗と堕落にも頭を悩ませていました。

インドの植民地支配に行き詰まっていたポルトガル国王ジョアン3世は、ローマ教皇にイエズス会員をインドへ派遣することを願って許されました。イエズス会による東洋宣教の幕開けです。

イエズス会総会長ロヨラは、イエズス会創設メンバーの一人であるフランシスコ・ザビエルをインドに派遣することとしました。1541年、リスボンで同僚と別れたザビエルはインドに船出し、再びヨーロッパの地を踏むことはありませんでした。


インドでの失望


インドに到着したザビエルは、清貧と敬虔さでもって模範を示しながら伝道活動に勤しみました。キリスト教をヨーロッパ式に伝えるのではなく、その地に住む民の民族性や習慣に合わせて宣教する、現地主義というスタイルを採用し、そのやり方は効果を上げているかに見えました。

しかし時が経つにつれ、ザビエルは失望を感じるようになりました。それは改宗してキリスト教徒となったインド人が不熱心で、利益にばかり目を向けていることが理由でした。もう一つの理由は、インドに滞在するポルトガル人の不摂生と堕落した生活が、キリスト教をのべ伝えるのに妨げとなったことです。

ザビエルの布教の関心は次第にインドの外に向けられていき、1545年にはマラッカ、その翌年にはモルッカ諸島へと伝道の足を伸ばしました。しかしすでに植民地となった諸地域におけるキリスト教への反応は、インドと似たりよったりのもので、彼の心を満足させることはありませんでした。

1547年12月、日本で罪を犯して魂の救いを求める青年ヤジロー(ザビエルは「アンジロー」と記している)がザビエルの元を訪れました。ヤジローの知性と信仰に対する真摯な姿勢に感動を受けたザビエルは、ヤジローに日本人がキリスト教に改宗する可能性を問い、日本宣教を考え始めました。

一旦ヤジローをインドのゴアにある修道院に送り、キリスト教の教理を学ばせたザビエルは、1549年4月、日本宣教のために旅立ちました。同行者はヤジローと2人の従者、トルレス神父とフェルナンデス修道士。
ザビエルは手紙で日本に対する期待をこう綴っています。
「イエズス会の会員たちが生きているうちに上げる成果は、彼ら(日本人)自身の力によって永続するであろう」と。



                                          NEXT >>